韓国の国境を越え、アジアの整形外科拠点として生まれ変わった、ビュー美容外科クリニック

2005年に設立されたビュー美容外科クリニックは、整形手術の一分野のみに注力するのではなく、乳腺手術、顔の輪郭矯正手術、両顎手術、目元や鼻の手術、シワ取り手術など整形手術の全分野において均等に成長を続け、総合整形外科クリニックとなりました。

このようにバランスの取れた成長は、一人ひとりの理想の美しさを追求する当クリニックにとって、重要な課題でもあります。

ビュー美容外科クリニックは、一人ひとりの美しさ、安全で安定した整形手術のため、バランスの取れた成長を追求し続けると共に、韓国の国境を越え、アジアの整形外科拠点となるために全力を尽くしています。

image
image
banner

「安全」に忠実、「病院」が基本コンセプトのビュー

辞書によると、クリニックとは「治療用の設備を備えた場所」のことです。

ビュー美容外科クリニックでは、常勤の麻酔医と共に一人ひとりの外見コンプレックスを治療しているほか、「安全第一」というポリシーを遂行するため、緊急用の安全装置も完備しています。

当クリニックが常に念頭に置いているのは、患者様がビュー・クリニックとの関係を築いていくうちに人生に対して積極的になれるかどうかは、安全な整形手術にかかっている、ということです。

美容整形手術の基盤、「自分だけの理想の美しさ」を見つけるビュー

お客様が整形外科クリニックに求めることは、たった一つしかありません。

それは、自分だけの美しさ、つまり一人ひとりの顔に合う最も理想的な美しさを見つけることです。

ビュー美容外科クリニックでは、顔面骨と乳腺の専門医からなるドリームチームを組織しており、大勢の整形外科医がたった一人の患者様のために目元、鼻、輪郭、胸の厚さを徹底して分析するため、最新トレンドを追うだけでなく、最新トレンドをリードすることができます。

分かち合いで地域社会に還元するビュー

ビュー美容外科クリニックは、2005年の設立以来クリニックを受診して下さった大勢の患者様のおかげで、常に成長を続けています。

当クリニックは、社会への還元を行って社会的責任を果たすため、フィリピンやベトナムなどの国々にボランティアの医療サービスを毎年提供しているほか、インドの貧困地域(ジプシー村)には当クリニックの名義で教育機関を建設しました。

当クリニックは、継続的なスポンサーシップを通じて愛を実践する事業体として、その役割を果たしていきます。

従業員と共に成長するビュー

当クリニックは、医療スタッフの研究開発のためだけでなく、非医療スタッフがそれぞれの分野で自分の能力を向上できるように、定期的な研修を行っています。

この研修は、患者様により良いサービスを提供し、スタッフ全員の士気を高めるための基盤となります。